水の鮮度を保つ無菌エアシステム

なぜウォーターサーバーに必要か

冷蔵庫の製氷機で氷を作るときに水道水を使うかミネラルウォーターを使うかで迷うかもしれません。美味しさを取るならミネラルウォーターなのでしょうが、安全な氷を作るためには水道水の方がいいでしょう。水道水には一定の消毒液が含まれているので、冷蔵庫に貯水されているときも雑菌などが増えにくい状態になっています。同じようなケースとしてウォーターサーバーがあり、無菌エアシステムを搭載したタイプが注目されています。ウォーターサーバーに使われている水はミネラルウォーターやRO水で美味しくて健康的ですが消毒液は含まれていません。ボトル内にある時は空気が入りませんが、ボトルから冷水の貯蔵をする段階で空気を通じて雑菌が入る可能性があり、消毒液の入っていないミネラルウォーターだと安全性が怪しくなります。安全な冷水を飲みたいなら無菌エアシステム搭載タイプを選ぶようにしましょう。

冷水が安全に飲める仕組み

ウォーターサーバーは水のボトルをサーバーに設置し、ボトルから温水を作るところと冷水を作るところに水が送られて一定量を貯水しています。温水は90度近い温度なので雑菌が増える心配はありませんが、冷水は10度前後の温度なので雑菌が増える可能性があります。ボトルから冷水を作る部分に水が送られるときに少なからず空気も送られるため、空気に雑菌が含まれていると雑菌が繁殖した冷水になる可能性があります。安全な冷水を飲むのに良い機能として無菌エアシステムがあり、この機能があると冷水を貯水している部分の雑菌をきれいな状態にしてくれます。雑菌が入ったとしてもそれをきれいにする仕組みがあるので雑菌は増えず安心できる冷水が飲めるでしょう。

ウォーターサーバーの価格は契約する専門会社によって変わります。同じタンクの容量でも、お水の種類や契約プランによっても価格は上下します。