子供の安全のためのチャイルドロック

チャイルドロックは必要

ウォーターサーバーのチャイルドロックは、子供の安全のために必要不可欠な機能です。通常、ウォーターサーバーには冷水と温水の2つがあり温水はメーカーによって多少異なりますが80~90度の温度です。子供は好奇心が強いため、間違って熱湯を出してしまった場合火傷といった事故につながってしまいます。また、レバーを押すことで水が出るという仕組みが面白く、必要もないのにウォーターサーバーの水を出すといったいたずらも考えられます。このような子供の事故やいたずら予防として、チャイルドロックが必要といわれています。チャイルドロックは安全を考え、簡単に解除できない2段階以上の手順で、1歳以下の子供の力では水が出ないような条件で作られているものを選ぶようにしましょう。

チャイルドロックの種類

ウォーターサーバーのチャイルドロックはメーカーによっても異なりますが、大きく分けて次の4種類に分類できるといわれています。1つめはボタンを解除するものです。子供の手が届きにくい位置にボタンは付いていますが、長押しするだけでロックは解除されます。2つめはつまみを重ねるものです。初期によく採用されていたタイプで、つまみを2つ重ねて下げるとロックが解除されてしまうので小さな子供でも覚えれば解除が可能です。3つめは蛇口部分にピンを差す方法です。差し込む方向で設定もできるため、簡単には解除できません。4つめは蛇口のコックを押し込む方法です。コックを押し込むには強い力が必要になるため、子供だけでは解除は難しいといえるでしょう。これらのロックは自宅の環境を考え、使いやすいものを選ぶようにしましょう。

水のサーバーが自宅に設置されていれば、いつでもどんなタイミングでもキンキンに冷えたお水を飲むことができます。