温水・冷水に切り替えられる機能

ウォーターサーバーの温水の温度は?

ウォーターサーバーがあると、いつでもおいしくて安全な水を飲んだり料理に使うことができます。また、ウォーターサーバーの中には冷水だけでなく、温水に切り替えて使えるタイプもあります。温水が使えるとコーヒーや紅茶などを飲む時に便利です。

温水に切り替えた時の温度はほとんどの機種が80度から90度となっていますが、中には90度以上の温水が出るタイプもあります。90度以上の温水を使うことが多い場合は、温水が何度まで出るようになっているかをチェックしておく必要があります。また、反対に温水を70度前後に設定ができるタイプもあるので、そこまで熱いお湯を出す必要がないという人や、省エネを意識したい人におすすめと言えるでしょう。

温水を使う時に気をつけたいポイント

温水に切り替えができるウォーターサーバーは何かと便利ですが、小さい子どもがいる家庭で使用する場合に気をつけなければならないのが火傷です。子どもの手が届く位置に温水を出すボタン等があることが多いので、ロック機能が完備しているウォーターサーバーを選ぶようにすると良いでしょう。

温水と冷水が使えるウォーターサーバーは数多くあり、それぞれ違った特徴を持っています。実際にウォーターサーバーを導入する場合は、サイズやデザイン、コストやメンテナンスの有無などもよく比較した上で選ぶことが大切です。選ぶ際にはウォーターサーバーの比較サイトを利用したり、実際に使っている人の口コミなどを参考にしてみることをおすすめします。

水宅配とは、水の入ったボトルを家庭やオフィスに配達するサービスです。重たい水を持ち運ぶ必要が無い為、女性やお年寄りから支持されています。